2010年04月22日

順調です。

今日の朝ごはんも流動食でした。
楽勝。
いつまで流動食なのかなぁ?と思っていたら、回診に来たドクターが、「ナースに言えばすぐに変えてくれますよ♪」とのことでした。

な〜んだ。自分で言えばいいのか。
早く普通食に戻してもらおう♪

そういえば昨日ショックなことが。
ポタポタ落ちてくる点滴をボーっと眺めながら、ふとその上の点滴パックに興味を持って、ムクッと起き上がって点滴の成分とかを見てみたんです。
成分はまぁありがちな感じでどうでもいいんですが、
問題は

カロリー!

86kcal、500mlパック

と書いてありました。
栄養点滴かな、と思ってたので、ハイカロリーなのは予想してたけど、
86kcal×5=430kcal
これが4パックだから

1720kcal!

(゜▽゜)

これ以外にも抗生剤やらなんやら4パック別のを入れてるし、流動食とは言え3食食べたらエライこっちゃ(ノ゚O゚)ノ

入院前に看護士さんに、
「喉が痛くて食べづらかったらアイスとかゼリーとか食べてみて」
と言われて、ずっとアイスを食べるのを楽しみにしてたのですが…

却下。



話は変わりますが、
この病院、
女医が多い!!!

1、最初に救急で入った時も女医。
2、昨日入院前に一般の耳鼻咽喉科で診察してくださったのも女医、しかもなぜか2人組!
3、入院病棟に入って私の最初の担当になってくださったドクターが女医。
4、夜の担当のドクターも女医。
5、今日の担当も女医。
6、ちなみに今診察があってちょっと離れた処置室まで行って来ましたが、男性患者5人、女性私1人なのにやっぱり女医。

3〜5は女性が多い病棟だから故意的にかなぁと思うけど、
2、6は耳鼻咽喉科はきっと女性の医学生に人気なんだ!と思えばなんとか…(知らないけど)
1は運でしかないもんね。
経営者が女系?



雨
5階のテラスにある中庭です。
昨日徘徊中に見つけて、気持ち良さそうだったから行ってみたかったのですが、残念ながら今日は雨(v_v)

アンラッキー
posted by 脱サラダンサー★ at 10:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

回復中

昨日の午前中に入院して、20時間経過。

当初の「私の」予定では、点滴大量に入れてさっさと回復して1〜2日で退院♪のつもりでした。

「木曜日か、遅くとも金曜日には仕事に戻らなきゃ。
土曜日は御徒町でレッスンだし♪」


昨日入院が決まった時にドクターに「1週間くらいはみといて下さいね」と言われても、朦朧としながらも内心「そんなにかかんないでしょ〜?」と思ってました。


昨日のお昼は点滴が始まったばかりで、まだ熱もあったし飲み込みが全く出来なかったので、出てきた食事も当然食べる気になれず、申し訳ないと思いつつも手をつけませんでした。

夕方には熱が39℃台から37℃台に急降下!し、少し元気になって、

夜は食前に20mlのシロップタイプの薬を処方していただきました。
その薬は喉の通りを良くする?んだとか。
軽く表面を麻痺させるってことかな?
むせながらもなんとかその薬を飲んだら、30分後、不思議と飲み物が飲めたんです♪

夕食、と言っても、重湯と澄まし汁とお茶、の流動食なんだけど、口から飲み物を飲めたのが嬉しかった〜♪
最初は重湯に恐る恐る手を伸ばしてみたものの、最初の一口は喉を通って行かず、やっぱり全然効かないじゃん(>_<)とか思って諦めかけましたが、口から食事が出来なきゃ回復が遅れる!と思って思いきってゴクゴクっ!!といってみたら、道が出来たみたいにすごく軽くなって、その後は痛いながらも飲み込みが出来るようになりました。
やっぱり自分を甘やかすのは良くない。
やりゃ〜何でも出来るのよ。
と、自画自賛。
たかが飲み物飲んだくらいで(笑)
でもホントに、最初の1口はマジ怖かったんですよ〜。(´Д`)

最後のまともな食事は19日の昼過ぎだったかな。
この分だとすぐに普通の食事行けそう〜
どんどん回復しますよ〜。

目指せ!
2日で退院!!
(タイムリミットまであと28時間)
posted by 脱サラダンサー★ at 07:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

ここはどこだ

朦朧とした2日間に毎回タクシー移動で4つの病院を渡り歩いて、今の病院に流れついたもんだから、ここがどこだかわかんない。
何しろ朦朧としてたから。
横浜近辺だとは思うけど…。

点滴うってみるみる回復して、夕方くらいには院内を徘徊し始めました。
昼間


すると窓からこんな景色が。


おぉっ
MM21♪

…かなり距離感あるから近所ではなさそう。

でも知ってる場所が見えてちょっと安心♪

夕方の写真だとわかりずらいかな。


夜

夜景がとっても綺麗です。

おっと。
消灯だ。
posted by 脱サラダンサー★ at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

速報!

うららか〜入院してます。

前回、梨花ちゃんとのデートがダメになったのも、風邪じゃなかったようです。

私の持病。

扁桃炎です。


免疫が落ちると出るんですよね〜。
ここ数年(十数年?)は出てなかったのですっかり忘れてましたが、やっぱり私は扁桃腺が弱いみたいです。

小学生の頃とかは年に2回くらい出てた気がするけど、それにしても今回みたいにひどいのはなかったはずです。
今回診てくれたドクターが、私の喉にライトを当てながら
「こんな劇症なかなかないですよ」って、目をキラキラさせながら言ってました。
何故かちょっと嬉しそうに見えたのは私だけだろうか?


まず19日(月)の朝、喉が痛いのに気付いて、
昼過ぎには発熱が始まり、
夕方ベッドで熱を計ったら38℃オーバー。
ありゃりゃ〜やっぱり風邪だ〜と思ってすぐに寝たものの、喉の痛みがハンパない。
朦朧としながらこまめに熱を計ってたら、計る度に

38.2℃…38.8℃…39.4℃…

どんどん上がってく。

喉と熱以外はなんともないし、風邪じゃないのかなぁ?新型インフル?でも咳出ないし…。

つらすぎるから何とかしてもらおう。
と、夜中の3時に救急に飛び込んだわけです。
点滴うってくれ〜と祈りながら診察を受けるも、ほとんど声が出ず、薬を処方されただけで終わってしまいました。
でも抗生剤もらえたから、これでなんとかなるかな〜と、家で薬を飲んで休んでましたが、相変わらず辛いまま。
朦朧として寝てたんだか倒れてたんだかわからないまま、20日(火)の朝一番で近所の耳鼻咽喉科へ

救急外来では3日分しか薬を処方出来ないので、残り4日分をどこかの耳鼻科で処方してもらって、必ず1週間は抗生剤治療を続けて下さい、と言われていたのです。
で、残り分の薬を処方していただきがてら、なんとかして〜と泣き付いてみたのですが、何ともならず。

優しい看護士さんに「暖かくして寝てるのが一番ですよ。」と言われ、すごすごと家に帰りました。

で、暖かくして寝てたら、またまた熱は上がり続け、

39.8℃(あぁ〜もうすぐ大台越えそう)

40.2℃(越えちゃった〜…)

40.7℃(人間の体温て、何度までOKなん??)

真っ暗闇で自問自答です。

40℃越えたら睡眠なんかできません。
朦朧としながら横たわってるだけ。

風邪じゃないんだから身体温めてないで冷やさなきゃいけないんじゃん?

何にも喉を通らなくて丸1日ほとんど飲み食いしてないからどんだけ温めたって汗もかかないし。

うわ〜血液超どろどろだ。きっと。

まともに考え事出来るうちに動かにゃ〜
と思って今度は夜間診療の緊急医療センターへ駆け込み。


そしたら上記↑のドクターです。
(わかりやすく説明してくれて真摯でとてもいいドクターでしたよ。念のため)
最終的に、そこのセンターは入院を受け付けてないので、最初に行った病院にもう一度行って入院した方がいいでしょう。
との判断でした。

入院か。
悪くない。

家で悶々と寝てるより、病院で手取り足取り徹底的に治してもらえば練習や仕事を休む時間も少なくてすむ。
ってか、点滴いれればこんなんすぐ治るでしょー。
でも私が入院したいって言っても、たいしたことないって断られるかもしれないし、そしたらどうしよ〜。
とか思いを巡らせつつ、21日(水)朝一番で病院へ。
診察受けたら即入院決定!
救急で入ってからの1日で相当悪化してたようです。
車椅子で連れ回されて緒検査をして、めでたく入院と相成りました。

つづく
posted by 脱サラダンサー★ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。