2010年09月05日

入院ダイジェスト 前半

8/24(火) 手術前日
24日は翌日手術の準備と言うことでとりあえず病院に入って、
・・・でも特に何をするわけでもなく、出された夕食(全粥食)を食べて寝るだけ。

翌日2番目の手術とのことで昼前後になると言われました。
何番でもいいんだけど、とにかく24日の夜21時以降、25日終日絶食なんです。
元気なのに絶食ってツライもうやだ〜(悲しい顔)
そんなわけで病院の売店で色々買ってきて今回も21時ギリギリまでネチネチと食べ続ける(笑)

で、疲れ果ててたので泥のように寝て翌日。


8/25(水) 手術当日
昼前くらいに点滴を始めて13時半頃手術室へ。
なんだかやたらと看護師さんや保健師さんやドクターが「緊張してないですか?」「気持ちを楽に!」って言うんだけど(マニュアルなのかな?)
私はケロッととして「いえ全然?」って言ってたんだけど・・・緊張する人ってきっとすごいんだろうな〜とか思っていろいろ想像してしまった。

全身麻酔の薬が入る時は3秒くらい目の前が痛かったけど、後は全然わかんない。(←当然)
15時半過ぎに部屋に戻ったところで意識が戻って、3時間くらいで酸素マスクもはずれて、ちょっと寝苦しいの以外は特に苦もなく・・・
・・・うそ。違った。
日記によると相当痛くて苦しかったらしい。
でももう忘れてる(^_^;)
忘却の徒ですから〜(笑)


8/26(木) 手術翌日
手術前日は辛く悲しかった絶食ですが、まる1日以上経っても全然お腹空きませんでした。
でもこの日の朝から流動食です。
コップ4杯分の水分、って感じの重湯とスープと牛乳とお茶。
とりあえず胃に入れたら何となく胃が動きだし、その後順調に3分粥〜5分粥〜と上げていきました。

しかたな〜く.jpgドクターに「喉が痛いから食事はツライかもしれないけど、お腹が空いたらゼリーやアイスを食べてね」と言われたので、
仕方なく!毎日売店でシュークリームやヨーグルトやアイスを買って食べてましたるんるん

この日は夜、数年前のパーティーの自分のプロデモのDVDを見て、あまりのヤバさ(笑)に冷や汗を流しました。マジで。


8/27(金) 術後2日目
この日、かねてから知りたかった病院食のカロリーを聞きにナースステーションに行きました。

1日3食あたり
成人流動食  700kcal
成人3分粥  1100kcal
成人5分粥  1300kcal
成人全粥   1700kcal
成人常食   1800kcal


だってさ。
聞いた時点で5分粥食まで上がってたんです。
全粥まで上げるか悩みどころだったのですが、

さすがに流動食は食事ではないので論外として、

3分粥はおかずが全部みじん切りやピューレで量も少なく、5分粥は3分粥より格段に食べ応えがあるので、200kcal差なら5分粥の方がいいな〜と思うのですが、

全粥はさらにおかずにもボリュームがあってすごくお腹いっぱいになっていいんですが、5分粥との差が400kcalなら、5分粥にしといてアイス追加した方がいいな〜ひらめきるんるんという結論に達し、5分粥食のままで行くことに決定。

この日の夕方で点滴が終了し、点滴針が抜かれました。
自由だわーい(嬉しい顔)(笑)シャッターアイランド.jpg

昼過ぎから深夜にかけてシャッターアイランドを読破しました。

映画見て訳わからず、本を読めばスッキリするかと思ったけど全然スッキリできないんですが?
誰か私にわかりやすく説明して。


8/28(土) 術後3日目
シャッターアイランドは入院中に読むべきではない。・・・かも。
変な夢を見てよく眠れなかったらしい。日記によると。

朝食後に看護師さんから「お食事そろそろ全粥に上げても大丈夫そうですね(*^_^*)」と言われてしまう。
前日に5分粥のままで行こう!と決めたばっかりだったのにバッド(下向き矢印)
で、見事に昼食から全粥になってました。

前日に点滴がはずれたので
この日は3日ぶりに初シャワーを浴びて、
院内コインランドリーで初洗濯をして、
持ってきていた「冷たいかぼちゃのポタージュ」とかレトルトスープを食べたりして、

気分は 合宿かわいい でした。
posted by 脱サラダンサー★ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/161554150
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。