2010年04月26日

退院手続き中

この病院に入って、私の病院のイメージが変わりました。

入院てしたことなかったから、入院病棟とか病室のイメージって、昔祖母か入ってた地元の昔ながらの病院と、母だと思っていた方が入っていた病院くらいしかなかったんですよ。

どちらも冷たいコンクリートのグレーのイメージで、病室もカーテンで仕切られた中に必要最低限のものだけある硬い冷たいイメージ、トイレなどの院内施設も、当然色々な症状の患者さんがいらっしゃるわけだから、ちょっと不潔なような異様な臭いがするような、
そんなイメージでした。

でもここはホテルみたいでした♪
最近の病院て、すごいですね〜(^-^)


入院が決まった時は、声の出ない私の前でドクターとナースが病室の空き部屋を確認しながら大部屋を探してて、
心の中で
「個室にして〜(T_T)」
と叫んでたのですが、

いざ車椅子でずんずん入院病棟を進んでいくと、

…ヒロイ〜キレイ〜(゚-゚)

さらに進んで一番奥の部屋に通され

…ラッキー♪(←端っこ好き)


病室の入口には片側に大きな洗面台ともう片側にはユニバーサルデザインのと〜っても広いトイレ。(車椅子3台くらい入れそう)

…超ラッキー!
洗面所とトイレに一番近い部屋だ〜(^。^)

でも全然人の出入りがなくて変だな〜と思ったら、後で院内を探検するようになって気付いたのですが、その綺麗な洗面所とトイレはこの部屋の専用でした。
各部屋の入口についてました。
すごい!Σ(゜Д゜)

トイレにはウォシュレットとか以外にも色々な装置がついてて、壁には尿検査をするための採尿口らしい機械もついてて、シャワー?もついてて
………多分使う必要のある方には説明があるんでしょうけど、私はトイレとしてだけ使わせていただきました。
センサーライトとハンドル式の鍵と、常に綺麗で臭いがしない、ってだけで十分すごいトイレでした。

向かいの洗面所は広くて浅いなだらかなシンクにワンハンドルの泡沫蛇口。
脇に大きくて使いやすい椅子が常備されてるのもなんだかホテルライク。
…使わなかったけど。


部屋は4人部屋でしたが、私の入院中に2人退院し、1人は途中手術に行って他の病室に1泊してきたりしていたので、2日目からは常に2〜3人で、みなさん上品な方で気になるトラブルもなく、過ごしやすかったです。
みんなと仲良く挨拶出来たし♪


私のベットは壁際で(超ラッキー!)

大きな窓に白と薄いグリーンのカーテン。(明るくて最高!!)

各スペースを仕切るカーテンも薄いライムグリーンの柔らかいカーテンで全体的に柔らかくて丸いイメージ。
圧迫感がないんです。
すごく快適な「私のお部屋♪」でした。

後でわかったけど窓際じゃない方のスペースにも、壁が凹凸になって小さな窓がちゃんとありました。
すごい配慮。
でも壁一面窓の方でよかった♪


ベッドサイドにある可動式の大画面は、タッチパネルで院内の情報が調べられたり、カードを買えばテレビが見られたり、そして入院中手首にしてる名前とバーコードのついたリストバンドをスキャンさせると、自分の受けた検査の結果や、毎日の治療の予定などをみることが出来るんです。
お蔭さまで、いつもは難しい名前と数字と記号が羅列しただけでわかったようなわかんないような感じで終わってしまう血液検査の結果も、納得いくまで眺めることが出来ました。
暇だったんでもってきたノートに板書(笑)までしちゃいました。
蛋白ってかけるようになりました。
帰ったら薬の名前とか調べてみよ〜。


スタッフがほぼ女性ってのも落ち着いたな〜。
みなさん優しくてステキな方々でした。


食事は…
目をつぶって食べればそれなりに美味しいと思いますよ。
もちろん好みはあるけど。
ヘルシー趣向のレストラン行ったと思えば。
病室食って、あの食器がいけないんだよ。と私は思う。

大好きなお粥がいっぱい食べれて幸せだったな〜。
ピータンとアゲパンがあれば完璧だったんだけど。
久々に謝甜記に行きたくなっちゃったな。



まさに3食昼寝付きのホテル住まいな1週間でした。


さーて。
ホテル代はいくらだろう。( ̄∇ ̄|||)
posted by 脱サラダンサー★ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 入院日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。